« BLUE BLUE YOKOHAMA | トップページ | お散歩 »

2012年5月12日 (土)

ラーメン二郎 三田本店

Dsc06194

朝から大手町で仕事関係の用事がありまして。

なかなか来る用事があまり無い方面だし、そそくさと用事を切り上げてせっかくなので都営三田線で足を伸ばして今日は聖地まで。

12:08の到着で待ちはざっと約50人?以上。列は裏口を通り越し駐車場の手前でさらにUターンしている状態でした。

店員は総帥であるオヤッサンに助手は湘南藤沢の弟さん。それに補佐の方の3名体制。

藤沢二郎さんからのコメントで「三田に」ってことだったので久しぶりに顔を観れるか楽しみにしていたんですがお会いすることが出来、しかも待っている間に自分に気付いてくれたみたいで会釈までいただいてしまいました(*゚ー゚*)

Dsc06195

大行列の末、70分で着席。

着席すると藤沢弟さんが気を使って「カタメとかしてましたっけ?」とまで声をかけていただいたのがとっても嬉しかったです。

今日は「ラーメン+ニンニク少なめ+野菜マシ」で。着丼までは7分でした。

野菜はだいぶクタ気味でマシでもさほどの量はありません。

少ないながらキャベツ率が高めなので野菜の甘みは良い感じに染み出ていました。

Dsc06198

スープは油層伴うほのかな乳化具合で豚の出汁感やカネシ、タレ、化調がどれも弱すぎず、主張し過ぎずで絶妙なバランスはまさに二郎黄金比。

野菜は少ないながらもやっぱり本店は麺のボリュームがありますね~。

表面はヌメッとしながらも芯はプニプニと残る茹で加減。

このオーションのズルズル感満載で、しかもしっかりと小麦の香るところが流石と言った感じでしょうか。

Dsc06197

そして二郎の豚というものはこれだ!ってくらいの豚。

肉厚で大きさも申し分なしで破壊力満載。

肉質はしっかりとしていてかつホロホロ。脂身のバランスも最高で。

2枚でも食べ応え十分です。

気付けばスープも全飲みするくらいの勢いで食べ終えてしまい。

やっぱり本店は格別ですね。

まさに”神の1杯”でした(笑)

« BLUE BLUE YOKOHAMA | トップページ | お散歩 »

ラーメン二郎 三田本店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 三田本店:

« BLUE BLUE YOKOHAMA | トップページ | お散歩 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

ラーメン 画像集

  • ラーメン二郎 湘南藤沢店
    管理人「しちじゅん」のラーメン画像集
無料ブログはココログ

アドセンス

  • アドセンス