« ラーメン二郎 相模大野店 | トップページ | ラーメン二郎 オフィシャル社訓Tシャツ »

2011年1月18日 (火)

ラーメン二郎 相模大野店

Dsc04366

今日の仕事は午後休み。

湘南藤沢店は定休だけどやっぱり二郎が食べたくて。

それじゃぁスパンは短いけど今日もスモジにってことで足を運んできました。

13:28の到着で店外待ち0人、店内待ち3人。

店員はいつもの強面店主とメガネの助手君といつものおばちゃん。

約7分で着席することができました。

Dsc04367

前回からのスパンが短かったので今日は味の変化をつけたくて「ラーメン+ニンニク少な目+野菜マシ」にトッピングで「和っカレー」を購入してみました。

にしてもスモジは野菜マシにやっぱりすると量がハンパない。

店主が元関取ってこともあって野菜の一掴みがやっぱりデカいんですかね(汗)

野菜は浅い茹で加減で歯応えはジャキジャキ。

麺に辿り着くだけでも一苦労の盛り具合です。

スープは程よく乳化されたものですが溢れるくらいの野菜と麺で丼に許容されるスープ自体の量は必然的に少な目。

Dsc04369

麺は中太縮れ麺で長さは短めのスモジ仕様。

今日はいつも以上に麺がヌルヌルでした。

スモジ特有のあの麺の滑り具合はいったいなんなんでしょう。

しかしながら小麦の香りは鼻を抜ける感じで風味は抜群です。

麺がスープを吸い込むあの感覚はヌルヌルでコーティングされているせいか弱い感じがしました。

Dsc04368

豚はしっかりとした肉質のもので脂身もトロトロとろけるタイプ。

塩気の効き具合と脂身の甘みのバランスが絶妙で大きさ厚さ共に迫力あるものでした。

これはスモジの中でもかなり出来の良い部類に入る「神」クラスに間違いありません。

Dsc04370

そして半分以上食べ進めたところで「和っカレー」を投入。

「和っカレー」はカレー粉(昔の店舗情報によるとジャワカレー)と魚粉が混ぜられたもの。

魚粉のコクと甘み、それにカレーのマイルドなスパイシーさが加わって何とも言えないジャンキーな感じ全開になります。

言ってしまうと二郎がカレー味になるというか、二郎というラーメンが全くの別物になるような奇抜なトッピング。

でもこの「和っカレー」を加えるとラーメン自体のパンチが軽く?なるような感じで以外にもスルスルいけてしまう不思議な粉なんです。

店舗が駅前から移転してからはコレは別皿で提供されるようになったのもかなりポイント高い。

自分の好きなタイミングで投入でき味の変化を楽しめるようになったのは嬉しい限りですね。

でもやっぱり食べ終わった後はやはり量の多さに悶絶。

しばらくカレーはいいかなって感じでした(笑)

今日もごちそうさま(*゚ー゚*)

« ラーメン二郎 相模大野店 | トップページ | ラーメン二郎 オフィシャル社訓Tシャツ »

ラーメン二郎 相模大野店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 相模大野店:

« ラーメン二郎 相模大野店 | トップページ | ラーメン二郎 オフィシャル社訓Tシャツ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ラーメン 画像集

  • ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
    管理人「しちじゅん」のラーメン画像集
無料ブログはココログ

アドセンス

  • アドセンス